【ジャカルタ】インドネシアの歴史的なレストラン|CAFE BATAVIA

 

 

インドネシアの歴史を感じられる「カフェ バタヴィア」は

ジャカルタ北部のKOTA TUAというオランダ植民地時代の建物が多く残る地区にあります。

※インドネシアはオランダによって統治されていた時代(1602年〜1942年)がありました。

 

このカフェ バタヴィアも元々はオランダの植民地時代に建てられた建物で、

その後レストランとなり、インドネシアで最も古いレストランとして知られています。

 

f:id:pokonesia:20210122184603j:plain

 

CAFE BATAVIAの歴史


現在のカフェ バタヴィアであるこの建物は1800年前半にオランダ人によって建てられました。

当時はオランダ領東インド会社の事務所、宿泊施設として建設されたそうです。

オランダ領東インド会社とは

1602年に創設されたオランダのアジア貿易を独占した世界最初の株式会社です。

時を経て、1993年からカフェ バタヴィアとなり、インドネシアで最も古い必見レストランとして知れ渡りました。本格的なインドネシア料理や西洋料理を提供しています。

 

世界各国の大統領や大使などの名誉人も訪れたことがあり、たくさんの受賞歴もあるそうで

とても評価の高い有名カフェ&レストランとなりました。。

 

カフェ バタヴィアという名前ですが、これは昔インドネシアが「インドネシア」ではなく「バタヴィア」と呼ばれていたことが由来しているのかなと思います。

 

実際に訪れてみて|趣があり、とても居心地が良い

 

f:id:pokonesia:20210122184452j:plain

入った瞬間に思ったことは、「金谷ホテルみたい!」です。

金谷ホテルも日本で最古のホテル、そしてこの深みのある赤!勝手に共通点を繋げてしまいます。

なんだか別世界に来たように感じてとてもワクワクしました。

 

2階へと繋がる階段にはたくさんの写真が飾ってあり、ここに訪れた名誉人の写真もあるそうです。

 

f:id:pokonesia:20210122184902j:plain

2階の席です。

とても趣がありますよね。心が落ち着きます。

店員さんのサービス精神も高く親切でとても居心地が良かったです。

 

多分お客さんが少なかったからだと思いますが、店員さんがテーブルにきてマジックを披露してくれました。生でマジックを見るのは初めてなのですが、生で見ると凄さ倍増ですね。

 

f:id:pokonesia:20210122184456j:plain

カフェタイムに訪れたので注文したのはカフェメニューのみ。

テーブルクロスも素敵で映えます。

カフェラテもケーキもおいしかったです。

 

今回レストランメニューは注文しませんでしたが、カフェ バタヴィアのシェフには様々な国で20年以上料理に携わり、数々のコンテストでも受賞経験のあるレベルの高いシェフがいるそうです。美味しい料理が出てくると想像させてくれますよね。

 

また、国際的なバーテンダー界でインドネシアの代表に選ばれた実力派バーテンダーがカクテルを作ってくれるそう。カクテル好きの方必見です!

 

CAFE BATAVIAの目の前にあるファタヒラ広場とジャカルタ歴史博物館

 

f:id:pokonesia:20210122184447j:plain

テーブルから見えたファタヒラ広場とジャカルタ歴史博物館です。

 

普段この広場は観光地として有名で、週末になるとたくさんの人が訪れます。

カラフルなレンタル自転車や帽子を被った人で賑わうそうです。

しかしこの日はコロナの影響で閉鎖されていました。

 

いつかこのファタヒラ広場とジャカルタ歴史博物館にも行ってみたいです。

 

CAFE BATAVIAの周囲散策も楽しい

 

カフェ バタヴィアの周辺は歴史を感じさせる西洋風の建物が多くあります。

普段のジャカルタとはまた違った雰囲気で、インドネシアネシアの歴史を感じながら歩くだけで楽しいです。※昼間は暑いので注意です。

 

f:id:pokonesia:20210123014917j:plain

f:id:pokonesia:20210123014757j:plain

 

のんびり座っていたり 、写真を撮って楽しむインドネシア人が多くいます。

f:id:pokonesia:20210123014833j:plain

着ぐるみだったり、ロリータだったり、パントマイムだったりとパフォーマンスをしている人もいます。

 屋台通りもあり、日本でいうお祭りのようです。

f:id:pokonesia:20210123014808j:plain

 

そして観光に疲れたらカフェ バタヴィアでゆったりとしたひと時を過ごすことができます。

ぜひ「CAFE BATAVIA」と「周囲散策」セットで楽しむことをおすすめします

 

 

▼ HP(CAFE BATAVIA)

https://www.cafebatavia.com/