【タンゲラン】リーズナブルで満足度高め!ジャワの民族衣装で写真撮影ができるレストラン|Dalem Si Mbah

 

 

先日、日本に本帰国してしまうお友達と記念に写真撮影をしてきました。

食事付きで、民族衣装を着て昔のジャワ風の写真を撮ることができるのですが、金額、クオリティー共にとても満足できました。

 

Dalem Si Mbahについて

 

場所はタンゲランにあるDalem Si Mbahというジャワ料理レストランです。

レストランなので食事だけすることも出来ます。

 

 

 

 

Paket Foto Jadoel(写真撮影+食事)について

 

食事つきフォトプラン「Paket Foto Jadoel」の詳細です。

予約、DP(頭金)が必要です。

 

 

料金は人数によって変わります。

人数が多いほど一人当たりの料金が安くなり、もらえる写真の枚数も増えます。

 

私たちは4人で行ったので1人 Rp175k、写真は5枚もらえることになります。

予約時に頭金 Rp200Kを振り込み、差し引いた金額を現地で支払いました。

 

食事、衣装、撮影、写真データ代が含まれています。(メイクはなし)

 

衣装選び

 

クバヤ(ブラウス)とカムンジャティ(スカート)を選びます。

写真を撮り忘れてしまったのですが、明るい色から落ち着いた色まで、柄も色々ありました。

安全ピンでサイズを調整してくれます。

 

服に合わせて頭に巻くスカーフのようなもの(名前不明)をお姉さんが選んでくれました。もちろん自分で選んでもOKだと思います。

 

 

写真撮影

 

店内の一角がスタジオになっています。

 

 

カメラマンさんがポーズを指示してくれ、小道具も使ったりしながら色々なパターンを撮りました。

 

 

撮影した写真はその場では確認が出来ず、後日カメラマンさんが送ってくれるのですが、こんな感じの写真が出来上がります。

Dalam Si MbahのInstagramで他の方の写真も見れるのでチェックしてみてください。

 

食事

 

写真撮影が終わったら食事です。

 

 

次から次へと運ばれてくるお料理。とても量が多くてびっくりしました。

唐辛子がのった卵が特においしかったです。

 

写真データ

 

翌日カメラマンさんからWAで連絡がきました。

Googleフォトの共有ページに写真をアップしたとURLが添付されています。

その中からパケットの枚数に応じて(私たちの場合は5枚)写真を選びます。

選んだ写真は大きいサイズ&右下に小さく入っているDalem Si Mbahの文字を消して送ってくれるとのこと。

1枚 Rp30Kで追加可能だそうです。

 

ですが実はアップされている写真はすべて保存することができます。

サイズと文字入りかどうかの差だけなので、印刷せずスマホで見るくらいなら全然十分です。

 

別料金で印刷の依頼や額入りにすることもできるそうです。

 

選んだ写真はさらに翌日にDropBoxにアップされ、そこから保存しました。

 

ちょっとしたハプニング

 

お店に着くと、予約が入っていないというプチハプニングが発生しました。

恐らく記載されているWA番号で予約すればなんの問題もなかったと思うのですが、なぜかその時いくら番号を入力してもWAを利用していませんと表示されてしまったのでInstagramからDMを送りました。(今日番号を入力してみたら問題なく利用できました。)

そしてオーナーさんとWAでやり取りをし、頭金を支払い、予約が完了。

ですが、予約が出来ていない・・・。

結果的には予約の30分遅れで無事に始められたので良かったですが、ヒヤッとしました。

 

まとめ

 

プチハプニングはありましたが、それ以外はまさにお値段以上という言葉がぴったりで満足度が高めでした。

リーズナブルなので気軽に行きやすいですし、良い思い出作りになると思うのでぜひ行ってみてください。