痩せすぎと言われ続けた人生に終止符!

 

 

f:id:pokonesia:20210115172109p:plain

 

一般受けされないけど、意外と多い ″太りたい″ という悩み。

 

私もその悩みを持つ1人でした。体質だと諦めていたのですが、太ることができたのです。

 

世の中には私と同じ悩みを抱え、辛い思いをされている方が多いということを知りました。なので、私の体験談が少しでも誰かの力になれればと思いこの記事を書くことにしました。

 

このページでは、太れる前の私の人生について書いています。

↓太る方法についてのページはこちら↓

www.pokonesia.com

 


自己紹介

29歳、女です。

私は小学生の頃に自分が痩せすぎていることに気付き、それからずっと悩んできました。

母親の体型が細いので、遺伝+体質なんだと諦めていました。

しかし努力した結果、159cm  38kg から 45kg に増やすことができました。

これでもまだ体重的には痩せれいるのですが、見た目の面で満足しています。

私の体質

子供の頃は食が細く、胃腸はあまり強い方ではありませんでした。

でも成長していくにつれて食べることが大好きになり、よく食べるね〜と言われるように。

たくさん食べれば太れると思っていたけど、太れませんでした。

いや、正確には多少は太れたんですが、顔だけ大きくなっただけで。元々丸顔で顔に脂肪がつきやすいんです。なので「顔だけ見るとそんなに痩せてるように見えないんだけどね!」と言われることもけっこうありました。←全然嬉しくない。

そして極端なのが、ストレスがかかりすぎると全く食欲がなくなります。

食べないとすぐに痩せちゃうんですよね……

 

私は胃腸の機能が弱く、吸収されにくいのだと思います。朝起きるとよく胃もたれします。

遺伝も少し入っていると思いますが、私の場合体質が大きいと思います。

 

痩せすぎて辛かった経験

学生の頃

学生時代が悩みのピークでした。

まず、小学生の頃一部の人に「骨」と呼ばれていました。面と向かって言われたり、授業中に「骨」という単語が出てくると咳払いされたりしました。

 

高校生くらいになってくると、後ろから「何あの人の足!細すぎ」とか「あそこまで細くなりたくないよね」などしょっちゅう言われていました。

明らかに全身をガン見されたり、二度見されたり。

もうだんだん周りが自分の悪口いっているように感じたり、後ろに人がいることがとても嫌だった時期がありましたね。友達と話しながら歩いていても後ろの人の会話が気になってしまって。

 

あと、身体測定も本当に嫌でした。保健室の先生に呼び出されて、ちゃんと食べてるか心配されたこともありました。

大人になってから

大人になってからの方が気持ち的には少しマシになりました。

 

「細いね〜ちゃんと食べてる?」

会社の制服が冬服から夏服に変わる度に「痩せた?」

 などもう言われすぎて慣れたのかもしれません。

 

でも幸いなことに私の周りにいる友達や会社の同僚だった人達は、理解してくれる人が多く、嫌味に捉えられることは少なかったです。多分(笑)

 

細くていいじゃんと言われても、モデルのようなきれいな細さと、ただ細いだけは違うと言うと納得してくれることも。

憧れは小嶋陽菜さんみたいな体型とよく言ってました。笑

 

太るきっかけをくれたステイホーム期間 

一時期本気で太ろうとしてネット検索しましたが、当時出てきたのはダイエットの記事だけ。

そりゃそうか世の中で細くて悩んでる人っていないよねと諦めて、自分の体型を受け入れて生きてきました。

 

そして、新型コロナウイルスでステイホームになった期間、何気なく″太る方法″と検索してみたんです。

そうしたら、たくさんの記事が出てきたんです。

その中に実際に太ることができた体験談があり、これだっ!と思いました。

そして意外にも太りたいけど太れないと悩んでいる人が多いことを知りました。

掲示板もあったりして、分かる 分かる とうなずく書き込みばかりで。共感できるってすごく嬉しいことでした。

 

そこから色々な記事を読み、よしっ!太ろう!と努力することを決めたのです。

 

 続きです↓

www.pokonesia.com