【ジャカルタ】人気沸騰中の「TACO BELL Indonesia」のレビュー

 

 

お店の前を通るといつも混雑していて、ずっと気になっていたタコベル。

先週の土曜日に行ってきました。

f:id:pokonesia:20211107213917j:plain

タコベルはアメリカ カリフォルニア州発祥のメキシカン大手チェーン店で、2020年12月にインドネシア(南ジャカルタのセノパティーエリア)に初上陸したことで注目を集め、現在も大混雑しています。

2021年10月にはPIKに2号店がオープンされました。

日本にも店舗があるようですが、私は行ったことがなく、インドネシアで初めて知りました。

 

セノパティの店舗に行ってきました。

店内はきれいで広く、席数も多いです。

並びたくなかったので開店時間の朝9時に行ったら他に誰もおらず、すんなりと入れましたが、そのあとすぐに続々とお客さんが来ていました。

f:id:pokonesia:20211107213931j:plain

1階

f:id:pokonesia:20211107213928j:plain

2階

2階にはテラス席もあります。

注文カウンターが1階と2階どちらにもありました。

 

メニューはこんな感じです。

f:id:pokonesia:20211107213939j:plain

f:id:pokonesia:20211107213942j:plain

改めて見返しているとメニューが分かりにくいです。

上の写真の1~7のメニュー、1.3.5.6.7はCOMBOとSINGLEで、2.4はCOMBOとDOUBLEから選ぶようになっています。2と4を単品で注文したら、タコスが2個来るということなのか??謎です・・・。

 

f:id:pokonesia:20211107213924j:plain

こちらは注文した1.CRUNCHWRP SUPREMEのCOMBO ×2。

タコス+サイドメニュー+ドリンクのセットです。

ひき肉は牛か鶏かを選び、有料でソース(7種類)の追加ができます。

サイドメニューはトルティーヤチップスかポテトです。

2つとも牛肉、ソースなしを選びました。

 

f:id:pokonesia:20211107213935j:plain

ドリンクはセルフサービスで、おかわり自由です。

 

f:id:pokonesia:20211107213920j:plain

手で半分にしたのであまりきれいな写真でなくてすみません。

味は、、、超ジャンク!!!です。

おいしいですが、もう一回食べたいかと聞かれるともういいかも・・・と思ってしましました。

タコス→ピリ辛でおいしいですが、これといっておすすめしたい特徴がない。

ポテト→スパイシーなフレーバーの粉がかけられていて個人的には不要。(旦那さんはこれがあるからおいしいと言っていました。)

トルティーヤチップス→こういうスナック菓子ありますよね。その味です。

 

辛口な感想になってしまいすみません。

ファーストフード店なので過度なおいしさは求めてはいけませんが、個人的にはこれなら一回食べれば十分と感じました。